Schnickschnack

http://schnickschnack.blog39.fc2.com/
2017・06

<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--//--.
いわしのつみれ


冷凍の小鰯を一袋どうしようか?と思っている内に忘れてしまった。
いい加減食べてしまわねばまずい。

。。。それでつみれを作ることにした。

鰯のおなかの中を掃除して、しょうが、ねぎ、唐辛子など好きに入れて塩、酒(紹興酒があったのでそれを入れる)片栗粉の代わりにコーンスターチを入れて(特に意味なし、それしかなかったというだけの話)
ミキサーを使いねっとりするまでになったら、なべに作ってあった出汁のなかに丸めて放り込んだ。
一緒にオクラを入れておいたが、思ったより食べるのが遅くなってオクラの色がすっかり悪くなった。

残りのつみれは焼いて、甘辛いタレを作ってかけてみた。


久しぶり。







IMG_0008_20100923025436.jpg








スポンサーサイト
2010/09/22//Wed. trackback(0) comment(0)
レッドスナッパー



階下のスーパーマーケットのつつましい鮮魚コーナーに珍しくレッドスナッパーが入っていたので早速購入しました。
レッドスナッパーは鯛の一種で焼いても煮ても美味しく食べられる魚です。
フライパンに油を熱してにんにく、チリをいれ、魚に塩をしてから粉をはたいて焼いてから、切ったポロ葱をたっぷり入れて蓋を閉めしばらく置きました。
ポロ葱、人参、しょうがを細く切って醤油、砂糖、酢、ごま油を混ぜ合わせたものを上に乗せて食べました。
随分いい加減な料理で、あてずっぽうに作り始めて出来上がったものですが、美味しく食べることができたのはこの魚の力でしょう。

この魚でかまぼこモドキを作ってみたいので、また見かけたら買ってこようとたくらんでいます。
2009/12/03//Thu. trackback(0) comment(0)
クリスマス晩餐
Xmas

クリスマスの晩はいつも買えない素材を買い込んで楽しみました。
海が遠い、海の幸が入手し難い土地柄です。なかなか美味しい鮮魚は買えません。
値段も張ります。

この晩はZanderというスズキに似た魚にコーンスターチをはたいてバター焼き、海老はオーブンで焼きたシンプルな料理。
でも新鮮な素材はシンプルが一番です。
そこににんにくハーブ入り手製マヨネーズを少しソースとして添えてみました。

付け合せは細切りジャガイモの揚げ物、セージの葉のから揚げを。。。

セージのから揚げは美味。





s

マンゴとラズベリーのピューレにメレンゲを乗せて、バーナーで焦げ目をつけました。
。。。が、メレンゲ失敗。
泡を立てすぎて分離が始まってしまったので滑らかさがないのです。
残念。(翌日もう一度作りました。2度目はちゃんと滑らかで美味しいメレンゲができました。)

2008/12/26//Fri. trackback(0) comment(0)
たらこの燻製
今日もよい天気でした。 この数日は嬉しい晴れ空が続きそうです。
仕事をしていても外に燦燦と陽が降り注いでいるというだけで心が浮き立つから面白いものです。


tarako



たらこといえば明太子など好きなのだけれども、ここではなかなか食べる機会がありません。

昨日大型スーパーの魚燻製物の売り場の隅にタラコの燻製があったので、ほんの少し買ってみました。
家に戻ってから切って味見をすると、今ひとつしゃっきりしない味でがっかりしました。
街の市場の魚屋に出ているたらこ燻製は中身が少し柔らかく美味しいのですが、高いのでなかなか買うことがありません。

そんなわけで今夜は其のたらこの燻製を切ってウスヒラタケとさっと炒め、赤唐辛子を利かせ、生クリームを少しかけまわしたソースを作ってスパゲッティです。
仕上がりに刻み海苔を乗せていただきました。





2008/02/10//Sun. trackback(0) comment(0)
さつま揚げ
satumage


しつこくも又魚のすり身物バリエーションを作る。
かまぼこもどきを試してみようと思ったのだけど、魚も今ひとつなのとちょっと面倒で挫けたので、急遽さつま揚げ。あるいは天麩羅。

冷凍カレイの白身を解凍しすり身にする。山芋の粉があったので少量に水で溶き卵を加え、すり身とあわせる。
人参、しょうが、葱、コリアンダーを刻んで練り物にあわせ、団子を作り粉をはたき油で揚げる。
すり身400gに対して卵1個の割合で、その他は適当に好みでよい。
あらかじめ天つゆを作っておき、出来上がりの熱いところを、つゆにジュッとつけて食べると実に美味しい。

タイ風の甘酸っぱくて辛いとろみのあるソースで食べても美味しそうだ。
しばらく、魚のすり身実験は続きそうだ。

面白い食べ方募集中。
2006/02/22//Wed. trackback(0) comment(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。