Schnickschnack

http://schnickschnack.blog39.fc2.com/
2006・02

<< 01 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ 03 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--//--.
さつま揚げ
satumage


しつこくも又魚のすり身物バリエーションを作る。
かまぼこもどきを試してみようと思ったのだけど、魚も今ひとつなのとちょっと面倒で挫けたので、急遽さつま揚げ。あるいは天麩羅。

冷凍カレイの白身を解凍しすり身にする。山芋の粉があったので少量に水で溶き卵を加え、すり身とあわせる。
人参、しょうが、葱、コリアンダーを刻んで練り物にあわせ、団子を作り粉をはたき油で揚げる。
すり身400gに対して卵1個の割合で、その他は適当に好みでよい。
あらかじめ天つゆを作っておき、出来上がりの熱いところを、つゆにジュッとつけて食べると実に美味しい。

タイ風の甘酸っぱくて辛いとろみのあるソースで食べても美味しそうだ。
しばらく、魚のすり身実験は続きそうだ。

面白い食べ方募集中。
スポンサーサイト
2006/02/22//Wed. trackback(0) comment(6)
白身魚団子のすまし汁
tumire


いわしのつみれ汁が美味しかったので、今度は白身魚でもやってみた。
白身魚は一番安い冷凍のカレイの一種。加えてエビの冷凍の残り数匹。
人参、葱、しょうがのみじん切りを加えて卵と片栗粉と塩に唐辛子を少々加えて練り、汁に落としてみた。
かなり乱暴な作り方で、見る人が見たら頭かかえるかもしれないけれど、これでもあまり美味しくない冷凍の魚も案外美味しくいただけたので満足している。時間が無い時にも手早く出来るのでこれは使える。

団子の中に色々混ぜあわせると面白いだろうな。
今、思いついたのはカレー味だ。白身魚団子の中にカレー粉を少し振りまいて湯がいておき、カレーの仕上がりにそのボールを入れて見ると美味しいんじゃないか? どうだろうか?
2006/02/20//Mon. trackback(0) comment(2)
春巻き
harumaki


昨日は相棒の誕生日だったので、刺身を購入。ちらし寿司を作る。
アサリの澄まし汁もつけ、サラダに春巻きまでを超特急で作る。
私はやる気になれば、かなり手早い料理人なのだ。ただいつもやる気があるわけではないとい事。
誕生日といえば今年の私の誕生日はというと、日本でどたばたしていたので、お祝いらしい事はせず、母と妹家族で出先の蕎麦屋に入って蕎麦をすすったのだった。
本当は私はそれほど蕎麦が好きなわけではない。日本を離れた所為で蕎麦が懐かしくはなるのだけど、おっ、蕎麦だ!と飛びつくことはない。
そんなことはどうでもいいのだけど、兎に角ちょっと変な組み合わせかもしれないけれど食べたい物を作ってみたわけです。
二口で食べきる事が出来る(場合によっては人によっては一口可能)位の小振りの春巻きは、エビ、しょうがが入っているだけ。
昨日は材料不足でソースに頃わけには行かず酢醤油と芥子。
私の好きなソースは、生コリアンダー、チャイブ、生ミント、ライム汁、ライム皮、しょうが汁、スリ大蒜、グリーンチリ、ナンプラ、ごま油をミキサーにかけたもの。
これをつけて食べるのが美味しい。
春を巻いて食べるなんていうのもいいかな。
春の草を皮に巻いてバリバリ食べる。
2006/02/17//Fri. trackback(0) comment(2)
ブルーチーズ in  ポテトボール
ballkrokett


ドイツはジャガイモが美味しい。
昔は嫌われ者のジャガイモも今ではこれ無しには世も日も明けないというくらいに皆よくジャガイモを食べている。
色んな種類があって色々味比べをすると面白い。使い道によって選ばねばいけない。

コロッケって言うものは、時々無性に食べたくなる。
昔、中学生の頃だったかクラブの帰りにお腹をすかせて肉屋の前を通ると、夕飯のお惣菜用にコロッケの揚げたてがどんどん並んで行くのを見てしまうと、とおり過ぎる事が出来ないものだった。
財布のそこに残り少ない小遣いを睨み、一つだけコロッケを買って食べたりしたものだったなあ。

ジャガイモを茹でてマッシュポテトにし、ナツメグと胡椒を入れる。
出来ればナツメグは壜入りの粉では無く、自分ですりおろしたい。
味も香も全く違うのだ。ナツメグはジャガイモととても相性が良いので、私はジャガイモ料理には必ずといっていいくらいに入れている。
ジャガイモの味が引き立ちます。
ブルーチーズはゴルゴンゾーラ、スティルトン、ロックフォールその他何でもよい。マッシュポテトをまん丸にまとめて、ちょっと千切ったブルーチーズを仕込み、粉、卵、パン粉をつけては揚げる。
ブルーチーズは多めに入れたほうがよい。 あまり少ないと、オーイ、何処だとつぶやきながら食べることになる。

パリッとしたルッコーラをお椀の中に入れてポテトボールをぽんと乗せると、鳥の巣の卵みたいで楽しい。(上の写真はもう既に食べ初めていて、鳥の巣が消えかけているところ)
2006/02/16//Thu. trackback(0) comment(0)
メルルーサ
先日のいわしのつみれ汁に気を良くして、調子に乗った私は冷凍庫の中にあった魚を買い物籠に放り込んだ。
家に帰ってから、これは何だ一体?と思いながら良く見ると、メルルーサだった。
メルルーサといえばタラの種類で、今のところまだ安価な魚だ。
深海魚である。

鍋にオリーブ油を熱くしたところに大蒜を放り込みローズマリーの葉をバラバラと撒きついでにショウガの千切りなんかもパラリと入れた。
その中に解凍して粉を軽くまぶした輪切りメルルーサを並べて両面軽く焼いてから白ワインをドボドボと入れ、時々切り身をひっくり返しながら、美味しい匂いをお腹いっぱいに吸い込んでから、ジャガイモ、人参、ルッコーラの温野菜を用意する。

昔カナリア諸島のランザローテ島に行った時、土地の食堂に行くと必ず辛いソース”モホ・ピコン”という物がテーブルの上に乗っていた。
なんだろうと思ってなめたら辛いけれどこれが美味しいんだよね。
思わず料理が来てないのにパンにつけて食べたら小皿の中の”モホ・ピコン”がすっかり消えてしまい、店の給仕のお兄さんはそれでも黙って皿を下げて新しい皿を届けてくれたんだけど、きっと内心笑っていたに違いない。モホ・ピコンは温野菜や魚などにつけて食べる。

さて、そのモホの瓶詰めがある店に並んでいたので早速懐かしくなって買ってみた。瓶詰めだから今ひとつ油も多くて味もぼけているけれど、ちょっとその辛味が美味しくてクセになるかも知れない。
それを温野菜に添えてみた。
お腹もすいていたので写真など撮るのももどかしく食べ始めたので、その仕上がりをお目にかけるわけには行かないが、いわしに続いて満足の晩飯だった。
この魚で練り物にして汁に入れても面白いかもしれないと、今考えているところだ。

メルルーサは以前マクドナルドのフィレ・オ・フィッシュに使われていたらしいが、身に茶色い班がある魚で、それが気持ち悪いと言う人も多かったらしくほかの魚と交代したらしい。

私のいい加減な料理を説明するのに、いつもポロポロ、ドボドボ、ダバダバ、チョロッなどと言う”分量計量法”で説明するのでわかりにくいと言う人が身近にいるのだけど、どうしても何グラムとか何匙なんていう風に料理が出来ないこともある。
まあ、分量をきっちり量っても失敗する事もあるわけで、料理中に起こる様々な要素が反映する。例えば鍋がまだ熱くなりきっていなかった、オーブンの熱が上がりきっていないだの、急にトイレに行きたくなる、電話が掛かってくるとか、隣の猫が喧嘩しているとか、塩を入れようとしたとき躓いて入れすぎるとか、色々な事が起こるのだ。
カオス理論はここでも適用されて、どんなに正確に測ったり、量ったりしても御飯粒一つの転がりようで何処に向うことになるのかわからなくなる。

。。。というわけで料理はとても楽しい。


ところで、もう一つのブログ”散歩絵”の方でのブックマーク欄って言うものは30しか載せられず、いまこちらのリンク欄にも数件載せてみた。一本立てにしたいので、ブログピープルに申し込んでは見たもののまだ今ひとつ使い方がわからないので進まない。仕方ないので、しばらくの間2本立てで置いておく。何で日本語で説明されているのにわからないのだろうか?ちょっと挫ける。
2006/02/11//Sat. trackback(0) comment(4)
いわしのつみれ汁
tumirejiru


ドイツでは中々新鮮な魚が手に入らない。
冷凍だって昔は数すくなかったのだけど、最近では少しずつ色々なものを見かけるようになった。
いわしの冷凍が時々あると買ってみる。昔、私は新鮮も新鮮ピカピカの魚でなければ食べない子供だったけれど、こういう環境に放り込まれると次第に妥協可能になって、そのうちに今ひとつと思いながらも食べるようになって来たから面白いもんだ。
このいわしの冷凍は焼いたり煮たりするには味が抜けているが、つみれ汁にして見たら、今夜はまあまあいけるのでちょっと満足している。
不精にフードプロセッサーでいわしをすりつぶし、しょうが、葱、唐辛子、片栗粉、卵と味噌を練りこんで、粘りが出たところでぽとぽととだし汁の中に落として行く。
だし汁にはたまたま乾燥めかぶがあったので加えて見た。
椀に盛り付けの際、白葱とのりを添えた。
もっと綺麗に美しく作る事も可能だけど、何しろお腹がすいていたので慌てて練ったり、切り刻んだりでじたばたしたが、他におかずは何も無い。いくらなんでもつみれ汁だけでは淋しいかとおもい冷蔵庫の中をあさって見てもそれほどたいした物は出てこなくて、ようやくの事和風春雨サラダを作ったところでタイムアウト。
おかしいなあ、今夜は悠々御飯を作っているつもりだったのに、時間は何処に言ってしまったんだろうか?
2006/02/10//Fri. trackback(0) comment(5)
世にも簡単なデザート
ichigo


この所、このブログに載せるものが中々出来ない。

写真を整理中に上のケーキの写真が出てきた。
”世にも簡単なデザート”なのである。
用意するものは、
2006/02/02//Thu. trackback(0) comment(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。