Schnickschnack

http://schnickschnack.blog39.fc2.com/
2007・05

<< 04 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 06 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--//--.
メレンゲ
私はメレンゲに目が無い。
気を許していると、あっという間に作ったメレンゲが消えてしまう。無意識に口に放り込んでいるらしい。
メレンゲを使ったケーキやアイスクリイムもとても美味しいが、それはこの次に回す事にして、今日は面白いレシピを見つけたので、試してみる事にした。

『緑胡椒のメレンゲ』である。

【メレンゲ】
緑の胡椒
(出来ればフレッシュなもの、無ければ瓶詰め)50粒
卵の白身 2個分
グラニュー糖 100
酢 1 1/2茶さじ 

【詰め物クリーム】

30-40g クレッセ
150g フレッシュチーズ
塩胡椒 少々


・予熱90度

・緑胡椒を刻んでから叩き潰しておく。

・メレンゲを作る。

・メレンゲが出来たら緑胡椒と酢を混ぜて、天板にオーブンシートを引いておき、梅干位の大きさに絞りだす。

・オーブンに入れるて3時間半。

・オーブンのドアに木ベラなどを挟んで少し隙間を空けておく。

・フレッシュクリーム(クリームチーズ)にクレッセを混ぜて、出来上がったメレンゲ2個の間に挟んで仕上げ。



クリームチーズにギョウジャ大蒜を入れたり、ルッコーラ、バジリコなどを入れても良いだろう。




。。。。と言う、レシピだったのだ。

しかし。。。。

自他共に認める慌て者である私は胡椒粒”50粒”を”50g”と読み違えて実に大量の胡椒を入れてしまった。
かなり辛いのだから、作りながら変かもしれないと頭の上に疑問のマークを乗せながら、確認せずに勢い良く混ぜ込んでしまった。
まったく、呆れるね。

今、オーブンの中で少しずつ彼らは水分を飛ばしつつ固まろうとしている。
ぴりぴりのメレンゲだ。



一体食べられるのだろうか?

続く



スポンサーサイト
2007/05/31//Thu. trackback(0) comment(0)
マフィン・マフィン



マフィンは手軽に作れて素朴な美味しさが好きだ。

ちょっと開いた時間にポイポイと作ってみる。

全卵 3個
BP 12g
薄力粉 190g
無塩バター 100g
グラニュー糖 100g
クリームチーズ 100g
牛乳 100g
紅茶の葉 10g

クリームチーズに牛乳を入れて混ぜ合わせる。
卵を解きほぐし砂糖を入れて白くなるまで混ぜる。
クリームチーズの紅茶を混ぜ、粉とBPをさっくり混ぜ合わせ、やわらかく練ったバターのなかに入れる。
型に流して、あらかじめ暖めたオーブン180度で30分焼く。


2007/05/31//Thu. trackback(0) comment(0)
苺マフィン
苺の季節になった。
ビニールハウスから収獲される苺と違って美味しい。
思わずあっちこっちで苺を買ってしまう。
気がついたら目の前に何皿も並んでいたので、少しだけ西洋ニワトコの花と一緒に砂糖漬けにしてみようかとか色々考えてみたが、考えながら一粒一粒つまんでは食べてしまうものだから、結局砂糖煮にするほど残らない。







誰にでも作れる簡単なマフィンである。
私は少しだけ生姜汁を入れるつもりで用意してあったのに、入れ忘れてしまった。

b.jpg


あっという間に消えてしまうマフィン。


しっとりして苺の香が良い。

c.jpg



12個分

薄力粉 260g
BP 小さじ2
無縁バター 100g
グラニュー糖 100g
卵 2個
牛乳 120cc

苺 好みに応じて。。。今回15個ほど使用。


オーブン予熱、型の準備

クリーム状になったバターに砂糖を加え、白っぽくなるまでかき混ぜる。

卵を解きほぐして少量ずつ加える。

粉類、牛乳を2~3回に分けて交互に加えつつ軽くさっくり混ぜ合わせる。

苺を適当に切って軽く混ぜ合わせる。

型に入れて25分~30分焼く。
2007/05/31//Thu. trackback(0) comment(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。